Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメの仕事がしたい方へ

アニメが大好きな諸君
大好きなアニメで仕事がしたいか?

<このブログは したいけど どうすればその仕事に就けるか悩んでいる方へのアドバイスになれればと思っています>

僕はアニメ業界で働いています。
まだまだ経験は浅いですが、この業界で仕事をしています。
少なくともこの業界に入れたのは事実ではありますので、
この業界に入る情報にはなると思います。

宜しくお願い致します。



自己紹介が遅れましたが、
僕は 赤毛のナン と申します。

アニメ制作会社で制作進行と言う役職で働いています。

僕の仕事はアニメの絵を描く人に
アニメの絵を描いて頂いて
アニメ作品を管理する仕事です

はい、この仕事が本ブログのメインのお話です。

アニメで仕事がしたい諸君
アニメの絵が描けなくても業界に入れます!

専門知識や技術が多少あれば入りやすいですけど、誰でもアニメの仕事が出来る可能性はあります。
制作進行と言う仕事でも大好きなアニメの仕事が出来るんです。

アニメを作る上で、たくさんのスタッフがいてそれだけの専門職があります。
監督、脚本家、原画マン、美術さん、撮影さん、声優さん・・・・・・とにかくたくさんあります!

その中で僕は制作進行と言う役職としてアニメ業界のお話をこのブログでお話していきます。

で、さっきから制作進行って具体的になにをするのって思いでしょうが、
詳しくはP.A.WORKSさんが手がけたアニメ『SHIROBAKO』を見ればなんとなく判ります。


SHIROBAKO 第1巻 [ 木村珠莉 ]

SHIROBAKO 第1巻 [ 木村珠莉 ]
価格:7,581円(税込、送料込)



このアニメは素晴らしいアニメです。アニメ業界の内情が判り、尚且つアニメ作品としてかなり面白いです。
実際この作品を見て僕はこの業界に入るきっかけにもなりました。

そして、アニメ『SHIROBAKO』から更に業界で働いている僕が、実際の業界のお話が出来ればなと思います。

宜しくお願い致します。

デジタル作画導入

弊社で行う案件が動き出したなかで、とにかく万策尽きた状況が続く日々です。
そんな中でも気になる業界の動きがありまして、とあるセミナーに参加しました。

セミナーの内容は、アニメ業界のデジタル作画の導入のお話です。

昨今、アニメ制作はアナログからデジタルに移行して、その制作内容も変わりました。
それに伴いパソコン等のデジタル機器を導入できなくて、技術があるのに道具が無いから制作に対応できず、
業界を辞められた方も多いと聞きます。

実際のところ、いまだに鉛筆と紙を使った手描きで行われているアニメですが、
デジタル作画の移項の話も出ています。

そこから、業界のどういった変化になるか。
生き残る為には何が必要かアニメータの方にも対策が必要になるかもしれません。

デジタル作画の導入のセミナーでのお話は、時間のある時にお話したいと思いますので、
ご期待ください。

休日出社も当たり前!
今日もブラック街道を楽しんで生き残るぜ!


いくぜアニメ制作のブラック街道

ついにアニメ制作会社がブラックであることをリアルタイムでお話できるかもしれません!

今日から超きつい案件を自社で制作することになりました。
とにかくスケジュールが無い案件。

3週間家に会社で寝泊りしたり、3日徹夜もよくある日々がこれから始まります。

制作進行のリアルな日常を今日から記事に載せていきますので、
宜しくお願い致します。

ただ、どんなに辛い仕事でも自分が好きで選んだ道だから、
今回の案件が終わった日には、
それが良かったことだと最後には伝えれるように願いたいです。


アニメ制作会社を探す

前回の記事でアニメ制作会社へ面接まで行けた所までお話しました。

ここでポイントなのはアニメ制作会社選びも重要になります。

皆さんが知っているアニメ制作会社はいくつ上げられますか?

ガンダムのサンライズ
エヴァンゲリオンのスタジオカラー
グレンラガンのガイナックス
ソードアートオンラインのA-1ピクチャーズ
プリキュアの東映アニメーション

まだまだ他にも制作会社はたくさんあります。
アニメのオープニングやエンドクレジットを見れば制作会社の名前が出てますので、
自分が好きなアニメの会社を探すのもありでしょう。

ただ、ここまで上げた会社は大手の会社なので、敷居が高いです。
今まで、聞いたことのあるアニメ制作会社に就活をして駄目だった人もいるはずです。

しかし、安心してください。

まだまだ幾らでもアニメ制作会社はあります!

「アニメ制作会社 求人」や「アニメ制作進行 求人」でネット検索をかければ、
幾らでも聞いたことの無いようなアニメ制作会社が出てきます。

要するにアニメの下請け会社があります。

僕がアニメ制作会社に入って内情を知り合いに話したところ、
実は結構知らないようで。

テレビシリーズのアニメは全話数を大手のアニメ制作会社が作っているわけではないのです。
テレビシリーズの話数は半分以上は下請けの会社で作っていてたりします。

「今週のアニメ作画良かったね!」
「今週のあれ作画崩壊してなかった・・・」
同じアニメのテレビシリーズによってクオリティーの落差があるのもそう言うことです。(笑)

下請けの会社、通称 グロス請け のアニメ制作会社でもアニメの仕事が出来ます。
妥協案ではありますが、大手で駄目でしたら、下請け会社を探してみるのもありかと思います。

下請けでもアニメ業界に入りさえすれば、大手に入る事だって望みはあります。

この業界は、横との繋がりが広いので下請けでも大手の会社と蜜に繋がりがあります。
しかも常に人手不足なので、即戦力も求められます。
新卒ならまだしも中途採用なら、大手の求人募集でも2年以上の経験者を求められていたりします。

じゃあ、どこで経験を積めばいいのか?
ですから、幾らでも聞いたことの無い制作会社がありますし、その中でも未経験から募集も幾らでもあります。

ただ、アニメ制作会社で働きたいと思うなら、入る方法は幾らでもありますので方法を変えて試してみてください。

ただ!
アニメ制作会社どこもブラックホールだって吸い込まれるぐらい
ブラック企業なので
覚悟をきめてください(笑)

いつもお話しています。アニメ『SHIROBAKO』ではホワイトなイメージで業界の内情をアニメで描かれていますが、
全部が全部そうではありません。

ブラックな内情を描いた作品が、
クリエータズインパックさんが手がけたアニメ『ハッカドール THE・あにめ~しょん』



このアニメの第7話「KUROBAKO」で業界のブラックな内情がよく描かれています(笑)
第7話で描かれていた内容は思い当たる話が多くて本当に笑いました。

アニメ業界は相当ブラックです。(笑)
本ブログでは、そんなブラックな日常も日記のようにアップしますので、
宜しくお願い致します。

僕がアニメ業界に入れた軌跡

それではまず、どうやって僕がアニメ業界に入れたか。
少しお話しします。

業界に入ったのは2015年の7月。
それまで、僕は職を転々としてフリーターに近かったです。

歳も30才でしたが、それでもこの業界に入れました。

どうやって入ったかといえば、自分のスキルをよく認識して、自分が出来るものを選んだからです。

アニメ業界はたくさんの仕事があります。
その中から自分にあった職を探すのもありだと思います。

僕は何度かアニメの専門職のひとつである撮影の仕事に就活をしましたが、履歴書の時点で門前払いがいつもでした。
20代で根気よくその仕事に就きたいと思えばなれたかもしれませんが、その時の僕の歳と経歴では狭き門でしょう。

それから、考え方を改めました。

自分は何がしたいのか
自分は何ができるのか


それを深く考え、時には誰かの意見を参考にして一ヶ月間、自分と真剣に向き合いました。

自分は何がしたいのか。
未だにはっきりはしてないのですが、ずっと大好きなアニメの仕事がしたいのは間違いなかった。

そして、自分に何ができるのか。
ずっと僕はサービス業で働いていたので、対人間相手では仕事が出来る自信があった。

結果、人間相手で仕事が出来るアニメの職に的を絞りました。
それから、アニメの制作進行と言う職に就活を行いました。

すると、驚きました。
今まで履歴書での門前払いだった就活が、どの履歴書を送った会社からも面接の話がくるようになりました。

面接から採用までのお話は、ちょっと文字数も多くなったので今回は省きますが、
それから大好きなアニメの仕事を今も僕はしています。

自分で言うのもなんですが、
今回の話は別にアニメ業界に関したことじゃない気がします。

自分が何をしたいのか
自分は何ができるのか

方向性が決まれば、進みやすいです。
実際それで仕事が決まりました。

ちなみに、制作進行をやろうと思ったきっかけは
P.A.WORKSさんが手がけたアニメ『SHIROBAKO』が後押しになりました


SHIROBAKO 第1巻(初回限定) 【Blu-ray】

SHIROBAKO 第1巻(初回限定) 【Blu-ray】
価格:6,739円(税込、送料別)



この作品、業界に入ってから改めて見直しますと、多少ありえないと笑ってしまうところは多々あります。多少はね(笑)
でも、わりかし業界の内情を詳しく描写されています。
制作進行を知りたい方もそれ以外のアニメの職を知りたい方も勉強になりますので必見です。

そして、実際の業界の話はこれからも本ブログでお話していきますので、
宜しくお願い致します。

Appendix

プロフィール

赤毛のナン

Author:赤毛のナン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

オススメ

カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


孤男絵

一日一絵

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。